So-net無料ブログ作成
前の2件 | -

2018年 7月25日 習志野きらっとスプリント 回顧 [回顧]

 習志野きらっとスプリントの回顧を行います。後日先週の中京記念、函館2歳ステークスの回顧も行います。よろしくおねがいします。


 あくまで自分なりの見解ですのでよろしくお願いいたします!

 

 スーパースプリントシリーズの最終戦で、地方競馬の韋駄天たちが集う夏の地方競馬短距離頂上決戦となるレース。グレードが格上げされたことで、馬の質も上がってくるだろうし、こういうレースがあると地方競馬も盛り上がるだろうから、開催編成として、とても面白い出来事だと思う。馬券が当たるかは別ですが…(〉_〈)


 馬場は良馬場。勝ち時計は60秒3。少し時計がかかる感じなのかなって感じの馬場で、先行有利の馬場、内を立ち回れる器用な馬が好成績を収める馬場という感じでしょうか。


 1着 5番 アピア。

 父、ファスリエフ。母、ウインプレセア、母父、アグネスタキオン。

 母父のアグネスタキオンがいいスピードを与えている感じなのかな?7歳だが、大事に使われているし、せん馬は年齢を重ねても走る傾向がある(2017年キーンランドカップのエポワス)から、せん馬にしたのが成功した例かもしれない。ノンコノユメもそうだしね。

 スタートで後手。ただ、二の脚が速くうまく巻き返す。内枠の馬がハナに行ったので、内でごちゃつかなかったのもよかったし、うまく内々を立ち回れたのもよかった。御神本騎手もうまくエスコートできたのではないかな。少し焦ったかもしれないけどね。ここでは力が違った感じ。船橋1000メートルも条件がいいんだと思う。

 目標は東京盃を狙っているのかもしれないが、ゲートがもう少し出てくれればいいね。


 2着 11番 クルセイズスピリツ。

 父、サウスヴィグラス。母、クルセイズ。母父、バブルガムフェロー。

 今年の優駿スプリントの勝ち馬。優駿スプリントでは人気薄ではあったが、内容的には完勝であった。斤量が53キロだったのも、良かったと思う。スタートを決めて、外の3番手。ラディヴィナが4コーナーで後退したので、早めに抜け出す形になったが、アピアにうまく立ち回られたしまった。今後1級線と戦うにはもう一段ギアが欲しい感じもするが、よく善戦したと思う。西騎手もいい馬に出会えたね。


 3着 10番 サクラレグナム。

 父、サクラプレジデント。母、グローリーゲイト。母父、ブライアンズタイム。

 父は短距離志向の馬も多いし、母父のブライアンズタイムがダートでいい方に出ているのかもしれない。1000メートルは初めてだし、さきたま杯以来もあって人気は落としていたが、今までのレースでもテンについていけないわけでもなかったし、二の脚もあるから条件は悪くなったと思う。器用さも少しはあるから、うまく立ち回れたし、赤岡騎手もうまく乗ったと思う。勝ちきるには展開の助けが必要かもしれないが、あと1回くらい穴を開けそうな感じもする。


 4着 1番 サトノスピードオー

 父、ダノンシャンティ。母、ストームティグレス。母父、ストームキャット。

 血統的に結構高そうな馬。速いダートなら走りそうな感じもするが。ダノンシャンティ産駒が短距離のイメージもないんだけどね…。気にしなくていいのかな?

 今回は最内枠が仇になった感じ。うまく追走できなかったのもあったし、内々を回って、最後大外に回したが、届かなかった。でも今後うまく使っていけば重賞は取れそうな気もしているが。


 サトノタイガーは10歳だが、船橋1000メートルは得意な馬。年齢の陰りもあるが、もう少し長く走ってほしい感じ。


 フラットライナーズはハナに行けたんだけど、粘りが足りなかった。馬場も悪い感じではなかったし、物足りない感じ。


 ラディヴィナは現状は力負けの感じかな。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

2018年 7月16日 プラチナカップ 回顧 [回顧]

 新設重賞プラチナカップのレース回顧を行います。


 あくまで自分なりの見解ですのでよろしくお願いいたします!


 実は個人的に浦和の1400メートルは好きではないんです。(笑)かなりごちゃつくし、乗っている騎手も危ないと感じているんじゃないですかね?あくまで、個人的な感想なので、実際はどうかはわからないですが。


 斤量は牡馬58キロ。牝馬は56キロ。今年は10頭の出走でした。牝馬はしらさぎ賞勝ちのニシノラピートのみ。もう少し工夫すれば牝馬の出走も増えそうだが…。ここを使ってじゃあ次どこをつかうのか?単発の重賞では意味がないだろうから、もう少し番組の編成を考えた方がいいのかもしれない。


 走破時計は1分26秒1。前半の3ハロンが35秒6。後半の上りが38秒2。結構速い時計でした。

 

 1着、7番、キタサンミカズキ。

 父、キングヘイロー。母、キタサンジュエリー。母父、サクラバクシンオー。

 スピート溢れそうな血統。不良馬場ならなお走りそうな感じ。前走のさきたま杯は勝ったと思った人も多いと思います。あっさり、写真判定が出たから拍子抜けしたんだけど(笑)。

 ゲートをうまく出て、先団で追走。頭数が少ないこともあって、スペースもあったし、余裕のあるレースぶりだったと思う。最後は逃げた馬を4馬身突き放し完勝。小回りコースなら1400メートルもこなせるんだと思う。交流重賞でも中央馬相手に善戦しているから、このまま頑張ってまた東京盃あたりを勝ってほしい。


 2着、1番、ウェイトアンドシー。

 父、オレハマッテルゼ。母、レディージーニアス。母父、エブロス。

 川崎マイラーズであまり強くはないのではとコメントしたが、今回も好走したから、訂正します(笑)。サッカーワールドカップの本田圭佑みたいな扱い…。前走は控えて結果を出せなかったので、ハナを主張。さすがに前半が速すぎたので、最後はいっぱいいっぱいになったが、後続からの脚は封じているのだから、現状はハナを主張してスピードを活かす形がいいんだと思う。


 3着、2番、インフォーマー。

 父、タイムパラドックス。母、カネシヨウベガ。母父、ナグルスキー。

 母父はニジンスキー系でスピードタイプが表に出ている感じがする。兄は快速馬のチョウサンペガサス。

 時計が速い方がこの馬にはいいんだと思う。展開が向いたのもあったし、頭数も少なかったので、比較的レースはしやすかったと思う。重賞を勝つには年齢的に難しいと思うが、馬券圏に入ることはまだありそうな感じ。人気になるとどうかとは思うが。


 4着、6番、ノブワイルド。

 父、ヴァーミリアン。母、コウエイベスト。母父、アンバーシャダイ。

 母父、アンバーシャダイも今の競馬会でいるのかどうかってくらい古い血統であるが、地方競馬ならではって感じもするので、それも競馬の醍醐味なのかもしれない。前田さんも渋い馬買うね(笑)。

 ウェイトアンドシーが最内でスタートを決めたので、2番手でレースを進める。前半のペースが速かったので、最後はバテバテに。ハナを主張した方がいいんだと思うけど、長期休養前は控えて結果を出していたので、競馬を教えている段階なのかもしれないが…。今回無理に行っても、キタサンミカヅキにはあっさり完敗してたと思うけど。


 リアライズリンクスは追走じたいはよかったが、もう少し距離があった方がいいのか。それとも浦和がいまひとつなのか。


 トキノエクセレントはまだ本調子ではないんだと思うけど、復調してくればまだ馬券に絡めそうな馬。浦和が一番合うだろうから、もう少し待ってみる。

 

 ニシノラピードは逃げの後ろだったが、勝負所では後退してしまう。あまり揉まれないほうがいいと思うし、理想はハナなのかもしれない。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬
前の2件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。